プロテインについて2

プロテインについて2

 

1日のうちに摂りたいプロテインの目安量
筋肉をはじめといった形で皮膚や髪の毛など、カラダ全てを作るたんぱく質は24時間・毎日、合成と分解を続けています。それから筋肉は適正なカラダの人で、1日におおむね2%ずつ入れ替わり、2ヶ月ほどすると、そっくり作り替えられていると言われているのです。
トレーニング者は「体重1kgあたり1.0~1.2g」より少し多めに
カラダを鍛え始め、本格的にカラダの違いに気づきはじめるのは2ヶ月後と言われるのは、この法則が関係しているから。
また、この筋肉の合成と分解のバランスを保つためには、安静時でも必須アミノ酸を含むたんぱく質を1日に「体重1kgあたり1.0~1.2g」の割合で摂ることが良いと、多くの文献で言われています。
さらに説明をすると、筋力トレーニングで負荷をかけるようになるほど筋肉は一時的にダメージを受け、回復をしたときに大きくなる。筋肉が大きくなることで、筋肉に対して必要となるたんぱく質の量は、さきほどの「体重1kgあたり1.0~1.2g」より多くなるのです。
トレーニング負荷の度合いにもよるが、筋力トレーニングを行った日には、通常時よりも少し多めにたんぱく質を心がけましょう。

朝食と間食でプロテインを摂ろう
筋肉が大きくなるメカニズムは前述でも少し触れたが、トレーニングにより筋肉がダメージを受け一時的に疲労しているところに、たんぱく質などの栄養と休養を与えることで、2、3日後に傷ついた筋肉が回復し以前の筋肉よりも太く強く逞しくなる。
これがいわゆる筋肉の「超回復」と言われ、筋肉が以前より強くなることでさらに負荷を上乗せしてトレーニングができることにより、筋力・筋肉がトントン拍子に成長をすることになります。
トレーニング直後にプロテインを飲み、たんぱく質を摂取することはもちろんだがですが、トレーニングオフ日も1日1~2回、20g程度を目安に、プロテインでたんぱく質を補給しましょう。
これは筋肉が成長をするために、そして筋肉が大きくなることで多くのたんぱく質を必要とするため、材料不足をおこしやすいからです。トレーニング直後以外では、朝食と間食でプロテインを摂ることがおすすめとなります。
まとめ<BRここまででダイエット・筋肉を付けるといった肉体改造をするためには、プロテイン(たんぱく質)が欠かせないと紹介してきました。
とくに現在トレーニングを行い、肉体改造を目指しているといった方は、積極的にプロテインを飲まれることをおすすめします。

プロテインについて

プロテインについて

トレーニング経験者は当然のように飲んでいるプロテインですが、トレーニング経験がない人や、運動経験が浅い人はプロテインを飲まない感じに想定されます。ダイエットや筋肉をつけるといった肉体改造にプロテインは不可欠。トレーニング経験の有無は関係ないでしょう。
プロテインに対して、飲むと実を言うと筋肉が付くといったフィーリングしか湧かない人は、こちらで詳しい内容を確かめておきませんか?

なぜプロテインを摂ることになった理由を明確に
最初にプロテインとは何かについておさえるポイントから。プロテインは英語で「たんぱく質」といった意味。それから語源はギリシャ語の「第一に大事なもの」という単語です。たくさんの方も、プロテインが筋力アップやダイエットサプリの最重要アイテムとなることは以前からご存知ではないでしょうか。
筋肉の仕組を説明すると、筋肉は水分を除くとだいたいがたんぱく質でできているのです。そしてたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸には体内で合成できない必須アミノ酸が9種類もあるため、たんぱく質が不足していると筋肉を生成するための材料不足から筋肉が分解されること考えられます。
とくに筋力トレーニングを実践し、筋肉を大幅にさせたいのであれば、筋肉を生成するための材料不足がおきないだけのたんぱく質をちゃんと補給することが必要である。
それに加えて運動後にプロテインを摂ると、筋肉の合成速度が上進するため、運動後から30分以内(ゴールデンタイムと言われる)にプロテインを飲むことが有効適と想定されます。

必須アミノ酸9種類・トリプトファン・リシン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシンオーバーカロリーを避け「たんぱく質」を出来る限り補給できる

たんぱく質源は肉類・乳製品・卵類・魚介類・大豆製品の5大食品と言われている。たしかにこれら食品を食べることでたんぱく質を摂取出来てしまうが、合わせて脂質が含まれていること。
それから、たんぱく質の必須量を食品だけから摂ろうと思うと、オーバーカロリーとなってしまう。
ここでオーバーカロリーや脂質を避け、必要量のたんぱく質をすんなり摂取出来てしまうのがプロテインと言っても良い。